起業研の約束

起業研・中井事務所は、不可能を可能に変える組織ではありません。

ですから、例えば通らない(条件を満たしていない)申請を通すことは、お約束出来ません。

しかし、不可能なことは不可能と明らかにした上で、出来ることには全力で取組み、あなたの起業に最善の方法・対応を選び、丁寧に会社を作ります。

また、起業・会社設立はあなたにとって、大きな決断、大きな希望だと思います。ですから起業研は、あなたの起業を決して流れ作業では扱いません。手続きはもちろん迅速に行いますが、出来る限り時間をかけてあなたの考え・展望・お話を伺っていきます。

このようなお約束をするようになったきっかけは私自身の独立起業経験からです。

私は、学生のころから法律家を志して…、というタイプではありません。

大学も法学部ではありませんでしたし、法律関係の事務所などに勤めていたわけでもありません。サラリーマン時代は食料品を売っていました。また、家族親戚にも法律関係の仕事をしている人はひとりもいません。

ですから、全く法律とかかわりのない生活をしていました。

実は、学生時代からいつかは独立起業したいと漠然とは考えていました。しかし、当時はそもそも起業するにはどうすればいいのかもわかっていませんでした。ただ、闇雲に起業する方法を探しているうちに、逆に自分と同じように起業したいと思いながらどうしていいかわからないと悩んでいる人の助けになるようなことを仕事にできればと思うようになり、行政書士という仕事があることを知りました。

起業を支援する方法といっても色々ありますが、会社設立や各種の営業許可申請といった法律・手続きの部分でも支援できる立場といえば行政書士だろうということで、それを思った当時から行政書士になりたいとは思っていましたが、本気でなろうと考えたのは、会社に勤めるようになってからでした。

なぜその時にまた真剣に行政書士を目指す事にしたかというと、サラリーマンを経験してみても「やはり起業したい」と気持ちの準備ができたこと、そして私のような全くの異分野から飛び込む人間なら、法律関連の世界の常識を知らない代わりに一般の方の立場や考え方、常識が分かるという点で、そして同じ起業家のひとりとして、依頼者により近い立場で相談を受けたり業務が出来るのではないかと考えたことでした。

また、起業を考える方からしても、年齢も若く同じような境遇・経験を持つ私のような人間であれば、比較的声をかけやすいのではないか、存在価値があるのではないかという思いもありました。

いきなり法律関係の事務所に飛び込むというのは、未体験の人にとっては結構勇気がいることなのではないかという気がします。いかにも「先生」といった感じのおじさんが待ち構えているところへ何のコネもなく乗りこんでいくなんていうのは、少なくとも私なんかだとちょっと尻込みしてしまいます。

そんな私ですから、実際独立したといっても始めは挨拶できる先輩も名刺を渡す相手もあまりいませんでしたし、同じ士業でありながら士業の敷居の高さを感じることもありましたが、徐々に仕事を頂けるようになり、その過程で先輩行政書士や他の士業の方とお話しをしたり仕事をお願いしたりする機会が増えてきました。

専門家同士とは言え、仕事を依頼するという立場になると、私も一般の方と同じくひとりの「依頼者」です。そして、その立場に立って改めて実感したのが、「話しをよく聞く」ことの大切さです。

あまり丁寧とは言えない態度であったり、十分に話しをさせてもらえないまま結論付けられたりすると、納得できませんでしたし正直がっかりもしました。もちろん素晴らしい先生も多くいらっしゃいますが、このような対応をされた事もあります。

こうした経験を通して、「わからない事・困った事・頼みたい事があって、その解決の為に聞きたい事や聞いて欲しい事がある」からこそ専門家にコンタクトを取っている、だから私はそれを出来る限り丁寧に聞いた上で対応を考えなければならない、という基本的な姿勢を再認識し、以後心掛けています。

起業というのは大きな決断、人生の一大決心だと思います。私自身も、自らの意志で勤めていた会社を辞めて開業したわけですが、それでもやはり決心がつくまでには時間もかかりましたし、気持ちも揺れ動きました。不安もやはりありました。

それでもやはり、自分の好きな仕事をずっとしていけるという事は素晴らし事だと思います。自分の力で生きていく、仕事を通して自分が必要とされていることを実感するという事には、素晴らしい充実感があります。

そして、特に「会社」というのは、起業家にとっては起業への決意や、本当にやりたい仕事はこれだという事を示す象徴のようなものです。なかでも、ひとりやごく小人数で起業する場合は、会社は起業家自身の分身とも言えるものになります。

ですから、会社設立される方には設立日をご自身の誕生日にしたり、運気の良い時期に合わせたりというこだわりを持つ方も多くいらっしゃいます。

私自身も、中井行政書士事務所は私の分身だと感じています。

会社とはそのような大切なものですから、その依頼を頂く立場の私としては出来る限り丁寧に仕事にあたらなくてはならないと思います。

仕事という観点からすれば、仕組みを作って効率よく業務を進めていく方が楽ですが、そうすべきでない場合そうすべきではない部分もあると感じます。

私自身も、業務内容が特殊とは言え、起業という形で事務所を開業したひとりの起業家ですから、依頼者と同じ立場です。決意や決断の気持ちがよく分かります。

それを考えると、例え最終的に出来あがりにそれほど差がつかないような場合でも、依頼者のお話を伺う時間をとり、出来るだけ丁寧に会社を作りたいと考えています。 

また、起業を応援するという仕事は、本当に素晴らしい仕事だと思います。

夢や目標を持った前向きな方の前向きなお話を伺うだけでも、楽しくなりますし、私も前向きな気持ちになることが出来るからです。

 [お客様の声へ](http://okayama-kigyou.la.coocan.jp/page006.html) 

(起業研で会社設立された方からのメッセージの一部をご紹介しています。)

ご相談・お問い合わせはこちら

ご相談のお申し込みやお問い合わせは随時伺っています。まずはお電話かメールにてお気軽にご連絡ください。

086-803-3790

メールでのお問い合わせをご希望の方はメールフォームよりお願いします。

メールをご利用の場合、住所氏名の記載をお願いします。住所氏名の記載がないメールにはお答えできない場合がございます。※個人情報のお取り扱いについて

面会相談

初回:3,000円(税込)※1時間程度

※面会相談は土曜日も行っています。
※ご相談後にご依頼を頂いた場合は、相談料は依頼料の一部にあてられます。

電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ