相談を体験してみよう-よくある質問-

相談者名:山田さん(仮名)
現在の職業:サラリーマン
相談のきっかけ:独立を考え、HPを検索して中井事務所に訪問 

■中井「はじめまして、中井です。よろしくお願いします。」
●山田「あっ、山田です。お世話になります。」

中井  メールありがとうございました、会社設立を考えていらっしゃるという事で。
山田  ええ、それでいろいろ聞きたい事がありまして…。

中井  はい、どんな事でしょう?…っていきなり聞くのもなんなんで、まずはこちらから簡単にお聞きしますが、今されてる仕事(職種)を独立してからもされる予定ですか?
山田  そうです。他にも将来的にはやりたい事がいくつかあるんですけど、とりあえ

ずは今やってる仕事を中心にしようと思ってます。

     ああ、それで会社の(事業)目的なんですけど、してない事業は載せないほう

がいいんですか?

中井  えーっと、将来的にする予定がある事業の事ですよね?

     いや、それは始め(設立時)から載せておいても問題ないですよ。というよりも

載せておいたほうがいいです、その事業を始めるたびに追加していくと、まあ

手間もかかりますし、法務局に払う手数料(印紙代)も毎回かかりますから。

(ちなみに3万円)

     でも、だからといってやる予定もないものまでなんでもかんでも載せておくとい

うのは、やめておいたほうがいいです。事業目的は登記簿謄本にも載ります

から、取引先さんが見た時なんかに、「この会社はなんの会社なんだろう」って

いう風に思われる事もありますから。

山田  あ~、じゃあ本当にやる予定のあるものをちゃんと考えてから決めたほうがい

いんですね。

中井  ええ、その方がいいですね。それで将来予定のなかった事業をはじめる事に

なった時は追加の登記をまたする、というのがいいでしょうね。

山田  わかりました。で、資本金が少ない株式会社にしたいと思っているんですけ

ど、何かそれなりの資本金額の会社と比べてデメリットがありますか?

中井  資本金については、営業面ではデメリットは特にありません。

     金融機関から融資を受けるときには、不利になる場合もありますが。

山田  取引先からの信用はどうですか?

中井  う~ん、まあそれは業種やそのお取引先さんの考え方によって違うと思いま

すので何とも言えませんけど、「始めての取引は現金で」という会社も多いよう

ですから、逆に支払う現金さえあれば資本金はそんなに大きな問題ではない

んじゃないでしょうか。

山田  あ~、それもそうですね。

     それから変な話しですけど、会社が倒産した時の補償というか賠償みたいな

のはどこまでする事になるんですか?

中井  それは出資金の範囲内で、という事になります。

     株式会社の社長、というか出資者(株主)は有限責任といって、自分が出資し

たお金は戻ってきませんけど、それ以上の責任はないんです。ですからルー

ル上は、個人の財産をなげうつ必要はありません。それが合同会社や株式会

社を作るメリットです。

山田  (笑)いや、潰すつもりはないんですけどね。もしもの時の為にいちおう聞いて

おこうと思いまして…。

中井  いや、良いことだと思いますよ。最悪のことを考えておくというのも経営者とし

ては大事な事だと思います。

山田  (頷く)それから…、今まだ私は会社に勤めてますので、中井さんに依頼した

ほうがいいのかなとも思ってるんですが、自分でやる事も出来るんですか?

中井  もちろん出来ますよ。依頼しないといけないっていう事ではありませんから。

山田  でも時間はかかる、という事ですね。

中井  まあそうですね。確かに本を読んで勉強したり、書類を作ったり、分からない

事があれば役所へ聞いたり、書類の提出などで何度か役所へ足を運んだりと

いう事になりますから、人によって程度は違いますけどやはり時間はかかると

思います。

     ただ、単純に時間がかかるという事よりも、会社設立の手続きに時間がかか

る事によって商売の準備をする時間が減るといった事の方が実は大きな問題

だと思います。

     それから、業種によっては許可や届出をしないと営業できないものがあります

が、その許可を受ける為に会社設立の段階からそれに合わせて事業目的を

決めておかないと後の手続きがスムーズに進まないといった事があります。

     そういった点を考えて、自分で十分に出来るか、料金を支払ってでも依頼した

方が商売を始めるのに都合が良いかを判断されるといいと思います。

山田  私の場合は許可を取らないといけないんですか?

中井  山田さんが始めようとしているのはインターネットでの通販という事ですから、

これは特殊な商品を扱わなければ許可等は必要ありません。ただし、例えば

将来古物(中古品)を扱うようになれば、その時には許可を取らなければなり

ません。

山田  という事は、中古品も扱う可能性がある場合は、始めからそれも事業目的に

入れておいた方が後々スムーズに進むという事ですね。

中井  その通りです。

山田  あと、費用はどのくらいかかりますか?

中井  株式会社設立には、資本金に加えて手数料等で役所に納めるお金約24万

円が必要です。

山田  中井さんに依頼する場合は、それプラス中井さんの料金ですね。

中井  そうなりますね。

  (以下省略)

「一般的な事はわかってきたけど、じゃあ私の場合は?」と思った方はぜひこちらからお問い合わせください。

会社設立に関するページ一覧

ご相談・お問い合わせはこちら

ご相談のお申し込みやお問い合わせは随時伺っています。まずはお電話かメールにてお気軽にご連絡ください。

086-803-3790

メールでのお問い合わせをご希望の方はメールフォームよりお願いします。

メールをご利用の場合、住所氏名の記載をお願いします。住所氏名の記載がないメールにはお答えできない場合がございます。※個人情報のお取り扱いについて

面会相談

初回:3,000円(税込)※1時間程度

※面会相談は土曜日も行っています。
※ご相談後にご依頼を頂いた場合は、相談料は依頼料の一部にあてられます。

電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ